商品一覧

知って得する女の情報

【第五十七号】2011年09月26日
ピンクを身につけて きれいになろう


   色には人を動かす力があると言われています。
   色は視覚に直接訴えることで心理や生理に大きな影響をもたらし、人の心や態度を動かす力になります。
   この色のパワーを効果的に使えば、自分の気持ちや行動を変えることができるだけでなく、
   周りの人の気持ちにも影響を与えることができます。
   
   今回は、女性に好まれる『ピンク』のカラーパワーをご紹介します♪
   
  ピンクというと何を思い浮かべますか? 
  バラの花、赤ちゃんの肌、砂糖菓子など、かわいらしくて、見ている人が幸福感につつまれ、
  優しい気持ちになってくる――、そんな色がピンクです。 
  さらに、ピンクは内分泌を活発にし、卵巣ホルモンの分泌を促すと言われています。

  女性ホルモンである卵巣ホルモンは、肌のうるおいやハリを保ち、若々しい美しい肌をつくる助けをしてくれます。
  そのためピンクは、色彩心理学では「若返りカラー」とも呼ばれます。
  ピンクの服を着たり、インテリアや小物にピンクを使うことで、心身ともに若返りの効果が得られるのです!

 若いころはどんな色の服を着ていても、ホルモンがさかんに分泌して若々しく見えますが、
 年とともにホルモン分泌は減っていきますから、ピンクは年を重ねた人にこそ着てほしい色! 
 ピンクの服に抵抗のある人は、下着やホームウエアなどから試してみてはいかがでしょうか☆


 *:.+ピンクの空気をイメージしてリフレッシュ+.:*
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 若返り効果とともにリフレッシュ効果を期待するなら、
「ピンク呼吸法」を試してみてください。やり方は簡単です♪

   *:.+.:*:.+.:*.:*:.+.:*.:*:.+.:*.:*:.+.:*:

(1)まず目を閉じてリラックス。心の中でピンクをイメージします。
(2)ピンクの空気を吸い込んでいると思いながら、
   ゆっくりと深呼吸を3回繰り返します。
  (肌にうるおいとハリが戻っているイメージを描くことが大切。若いころの自分を思い浮かべると効果的です)
(3)これを1日3回、朝目覚めた時、日中のリラックスした時、夜、就寝前の布団の中で行いましょう。

 ピンクをイメージしにくいときは、実際にピンク色のハンカチやお花、色紙などを見ながら行うとよいでしょう。
 半年ほど続け、周りから「10歳若返ったね」と言われるようになった、という報告もあるほど、効果は実証ずみ! 
 呼吸法なら、「ピンクの服を着るのはちょっと…」という人にも抵抗なくできるでしょう。


 *:.+女性からの好感度もアップ+.:*
  ・・・・・・・・・・・・・・・・

 ピンクを身につけると、おだやかで優しい気持ちになれるだけでなく、
 人から見たイメージもやわらかくなります。
 ピンクは、表情や性格をやわらかく見せてくれ、明るさと柔軟性をアピールします。
 
 男性なら、シャツやネクタイ、靴下などに使ってみてはいかがでしょうか? 
 実際ピンクをうまく使っている人は、固定観念や常識にとらわれず、
 柔軟な考えをもっている人が多いので、女性からの好感度も高いのです。

 肌を若々しく見せてくれるピンク色ですが、
 黄みをおびた日本人の肌には、
 ラベンダー系のピンクよりもサーモンピンクなどが肌うつりがよいそうです♪

 さりげなくピンクを取り入れて、毎日を明るい気分で過ごせるとよいですね☆



それでは また次回をお楽しみに (*゚ v ゚*)ノ

プエラリアを通して、全ての女性の幸せを願う
ピュアプエラリアでした♪

本日も美しいあなたでありますように!



>