商品一覧

知って得する女の情報

【第四十三号】2011年09月1日
身近な万能薬 生姜のパワーをご紹介★



冷えは女の敵、とはよく言いますが、

最近は体のなかからぽかぽかにしてくれる『生姜』が注目されていますね。

生姜は、日本だけでなく世界各地で古くから料理の食材や香辛料として、

あるいは民間薬として使われてきました。


体を温めることで注目されていますが、

中国では「生姜はあらゆる病気を防ぐ」といわれ、

咳止め、健胃、冷え性改善、血行促進、解熱、吐き気止めなど、

さまざまな薬効があると考えられています。

実際、漢方薬の《約7割》に生姜が使われているほどです!


生姜に含まれる、50種類以上の香り成分と200種類以上の辛味成分のなかで

主な辛味成分は、ジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロンなど。

この中で体を温める作用が強いのは『ショウガオール』。

胃腸の血行をよくする働きがあり、体の中心部を温めます。


 生姜の「温め」以外のうれしい効能はこんなにあります
\ \ \            *・゜・*:.。.*.。.:*・☆
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
        
  ★ ダイエットをサポートする
  ⇒糖質や脂肪の吸収を抑える
   脂肪の分解・燃焼を促進する
   エネルギー代謝を上げる

  ★ 健康を維持する
  ⇒消化を促進する、活性酸素を除去する、胃腸を丈夫にする

  ★ 炎症や痛み、吐き気などを鎮める
  ⇒咳や痰を鎮める
  つわり、乗り物酔いなどの吐き気を抑える
  生理痛、関節痛をやわらげる
        ・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      ☆・*:.。.*.。.:*・゜・*            \ \ \
 
 
また、最近の研究では 

そろそろ気になる『花粉症』の症状を抑えてくれる効果があるそうです!


生姜に含まれる『ショウガオール』には、鼻水やくしゃみの原因となるヒスタミンや

鼻づまりの原因になるロイコトリエン、粘膜の炎症を悪化させるプロスダランジンを

抑える効果があることが報告されています。

この症状に聞く成分『ショウガオール』は、加熱することで増える成分なので、

お料理に入れたり、流行の「ショウガ紅茶」程度の加熱でも効果は期待できるそう☆


今から対策をすれば つらい季節も怖くない!



「生姜って苦手…」という方には、

毎日のお味噌汁に少し入れてみたり

(味噌の味が強いので生姜の味は気になりません♪)

カレーですとおろししょうがを結構入れても、

味が気にならない上、風味もアップします★

生姜系ドリンクが苦手な方には、甘酒にしぼり汁を数滴入れてみるのもおススメです。


ちなみに、あまった生姜の保存方法として

すりおろしてラップに板状に伸ばしてジップロックに入れ冷凍 

…というのもありますが、

密閉できる容器や瓶に 生姜まるごとを入れて

水、または長期保存の場合は焼酎 にひたしておくと長持ちします!

次に使うときも手間がかからないのでお試しを♪



それでは また次回をお楽しみに (*゚ v ゚*)ノ

プエラリアを通して、全ての女性の幸せを願う
ピュアプエラリアでした♪

本日も美しいあなたでありますように!


>