商品一覧

知って得する女の情報

【第七十一号】2011年10月20日
鉄分不足でも『摂りすぎに注意』

鉄は、私たちが酸素を取り入れる上で欠かせないミネラル。

女性は生理や、出産などのため、どうしても貧血が起こりやすい状況になりがち。

そんな時は鉄分サプリで補給している、という方は
「鉄分の摂りすぎ」に注意!!



サプリメントは鉄剤に比べて成分量が少ないので、
極端な症状が表れることはあまりありません。

しかし、鉄分は血液や臓器に蓄えられます。

もし、貧血ではない人が必要以上の鉄分をサプリメントで連日摂取すると、
体の中に必要以上の鉄分が溜まってしまうことになるのです。


たまりすぎた鉄分は、臓器に沈着して血管が破れやすくなるなど、、
嘔吐や下痢、腸の損傷等の症状がでてしまう危険も。

このように過剰症の危険がある鉄分は、
実は適量を守る必要がある成分なのです。


そこで サプリに頼らず 
食品でも効率よく鉄分を摂る工夫をご紹介!!


…しかし、食事でとろうにもその吸収率は通常あまり高くありません。

なので、鉄の種類、一緒に食べた食品との組み合わせによって変化するので、
吸収率をUPさせるような工夫をしてみましょう。


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

植物性の非ヘム鉄を多く含む食品は、
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

ひじきなどの海藻類、豆類、ほうれん草 など

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


動物性では、

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

貯蔵鉄があるレバー・あさりなどの貝類・卵

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


人体の中で使われるのは動物性のヘム鉄。

そのせいか、食品からの吸収率もヘム鉄の方が高いのです。
非ヘム鉄の2〜3倍の吸収率を示します。


ですが私たちが日常で多く摂っている鉄分のほとんどは植物性の非ヘム鉄なのです。


積極的に動物性のヘム鉄を増やそうとするより、
今食べている植物性の鉄の吸収率がUPさせる工夫をしてみましょう。

例えば、非ヘム鉄は、ビタミンCと一緒に摂ることで吸収率がUPするので、
《生野菜》や《果物》を組み合わせて食べるようにしてみましょう!!


これであなたも血色のよい健康美人♪



それでは また次回をお楽しみに (*゚ v ゚*)ノ

プエラリアを通して、全ての女性の幸せを願う
ピュアプエラリアでした♪

本日も美しいあなたでありますように!


>